NISA口座と特定口座の損益合算はできる?

NISAには、一定金額・一定期間内に発生した利益については非課税となるメリットがあります。
一方のデメリットとして、NISA口座で購入した株式や株式投資信託の譲渡損を、特定口座や一般口座の譲渡益や配当金・分配金と損益通算できません。
では、NISA口座で20万円の譲渡益、特定口座で30万円の譲渡損が出た場合を見てみましょう。
NISA口座の譲渡益は非課税なので税額は0です。
特定口座では損失が出ているので、その年の株式や投資信託の譲渡に対して、税金はかかりません。
特定口座の30万円の譲渡損は、翌年以降に繰り越しでき、最長3年間、株式や投資信託の譲渡益や配当金・分配金から控除することができます。
今度は、NISA口座で30万円の譲渡損、特定口座で20万円の譲渡益が出た場合を考えましょう。
NISA口座の譲渡損は、特定口座や一般口座の譲渡益や配当金・分配金と損益通算できず、特定口座や一般口座の譲渡益は、20・315%課税されます。
特定口座の譲渡益20万円に対して、4万700円の税金がかかるため、この年の株式や投資信託の収支はマイナス10万円であるにもかかわらず、税金を支払わなければなりません。
この場合、NISA口座で売却した株式や株式投資信託を、特定口座や一般口座で購入していれば、収支はマイナスなので、課税はされなかったのです。
NISA口座開設ランキング!おすすめはどこ?【NISA口座比較】