経営者住宅ローンをお得に借りるには?

経営者住宅ローンの損得勘定は簡単ではなく、経営者自身の考え方一つで変わります。
もともと審査が面倒で時間がかかる割に、金利が優遇されるわけでもありませんから、割が合わないと言われています。
しかし、その反面として審査さえ通れば銀行との付き合いが緊密になりますし、後に続く従業員も住宅ローンの契約がしやすくなると言うメリットがあります。
これは経営者の考え方一つであり、一概に損得勘定を判断できるものではありません。
しかし、経営者の役割は、自分一人のことを考えるのではなく、自分の部下である従業員の生活を見てあげることも大切なのです。
そう考えると、自分が住宅ローンを申込むことで会社の実績を銀行にアピールすることができますから、お得だという事ができます。